福岡弁護士の海外留学生活

海外で生活する福岡弁護士のブログ。留学やワーキングホリデーのことも。

オーストラリアへの航空券

   

ズバリ!航空券を買うなら「海外格安航空券」を扱っている旅行会社での購入をおすすめします。通常の航空券に比べると、航空会社が未定であったり、日程の変更ができなかったりなどの制限は出てきますが、とにかく安さで勝負!オーストラリアに持って行くWH資金を減らさないための最良の手段です。

海外格安航空券、どこで探す?

価格変動と競争が激しいこの業界では、毎日情報が更新されるインターネットで購入するのがベスト。物凄い情報量の中から最安値の航空券がGETできます。
例えば、お馴染みYahoo!が提供しているサイト「YAHOO!!トラベル」、リクルートが提供しているサイト「AB-ROAD」があります。

帰国ついでに他国を旅行

片道航空券のメリットは、いくつかあります。
たとえば、帰りの便の出発予定地や日程をまったく気にせず購入できる点。また、帰国の際ストップオーバー可能な航空券を購入すれば、オーストラリア出国後、バリ島やタイやシンガポールやインドとか、他の国を観光しながら日本に帰って来るという壮大な計画も可能になる点です。
デメリットは、やはり一般的に往復チケットを購入するより割高になる点と、帰りの航空券を購入しなければいけないという経済的不安要素を、常に抱えながらWH生活をしなければいけない点です。
WHビザではオーストラリアに入国の場合、現在は片道航空券での入国が認められていますが、移民省のルールはよく変更されますので、必ず大使館のウェブサイトで確認してから購入するようにしましょう。

往復航空券のメリットとデメリット

往復航空券のメリットとは、片道航空券を、日本とオーストラリアの両国で2回購入するよりも安く航空券が購入できる点と、「帰りの航空券は持っている!」という経済的安心感が得られる点です。
デメリットは、航空券の紛失や盗難等に常に細心の注意を払いながらWH生活をしなければいけない点と、格安の航空券の場合は、日本を出発する前に帰りの日程や場所を決定しているので、変更したくても不可能な点です。
さらにもうひとつ言えば、最初は1年のつもりで行ったはいいが、気が変わってセカンドワーホリも含め、2年間滞在したくなった時に、往復航空券の有効期限は最高1年なので、帰りの航空券を捨てなければならないということ。

以上のモロモロの事を考えながら、あなたに合った航空券をGETして下さい。

海外格安航空券探しのヒント

用語説明

FIX

出発前にあらかじめ利用する便の往路復路両方とも便を確定しなければいけない航空券。便を予約したら変更は一切できない分、OPENチケットより料金が安い(正規割引航空券PEXもこれに含まれる)。

FIX/OPEN

出発前にあらかじめ利用する便の往路復路両方とも便を確定しておくが、現地で帰りの便の日程を変更できる航空券。

OPEN

帰りの便の予約はしないで購入出来る航空券のこと。有効期限内ならば、現地で予約の変更も出来る。最高365日有効のものもある。

直行便

目的地までどこにも着陸せずノンストップで到着する便。

経由便

目的地に行く途中、経由地で着陸し、それから目的地を目指す便。

ストップオーバー

途中降機の意味。通常は経由した国に24時間以上、滞在できる航空券。

 - 海外生活