福岡弁護士の海外留学生活

海外で生活する福岡弁護士のブログ。留学やワーキングホリデーのことも。

オーストラリアでサーフィン

      2015/06/24

サーフィンについては、「一回やってみようかな」とか、「どうせすぐ立てるだろ。昔スケボーしたことあるし」くらいにしか思っていませんでした。
そんな時、仕事先の先輩がサーフィンをしていることを知りました。そして私の一週間前に始めた友達もいて、そいつと「絶対、俺がすぐ立っちゃうよ」とかそんな話をしていたら、「じゃ行こうか」ってことになりました。
はじめてのサーフィンは良く覚えてます。まず、驚きだったのは、バドリングで沖に出られない、ということ。しかも先輩から借りたボードを折ってしまったり、筋肉痛が3~4日も取れなかったこと。バスケットボールを10年も続けていたので、正直、体力には自信があったのに、海じゃ何もできなかったこと。あまりにショックだったので、鮮明に覚えています。
普通はこれで懲りるなと自分でも思うんですが、逆でした。
「とりあえず立てるまで。そしたら飽きるだろ」
しかし、立てるようになるともうすこし長く立ちたい、乗りたいなと欲が出てきて、気づいたら、仕事前の朝一は当たり前、休みの日は3回も海に入るようになりました。そんなのことを週に4~5日はしていました。
そんな日々の後、半年後にサーフィンの大会があることを友達から聞きました。それでみんなで「出ようか!罰ゲームありね」とかいいながら、先輩はオープンクラス、私と友達でビギナークラス(始めて1年以内)にエントリーしました。結果は自分でも驚きの2位(9人中)。運が完璧、味方でした。

その大会の日は、前の仕事仲間も大勢応援に来てくれて一緒に盛り上がり、とても楽しかったです。オーストラリアにワーホリに行ったはずが、すっかりサーフィンにのめり込んでしまったというわけです。

 - 海外生活